【会の目的】

内部被ばくについて、自主的に学習し、周りの方々に広めていくための会を作ります。 政府の食品の新規制値100ベクレル/kgの撤回をもとめていきます。 ビキニ事件の際の「原爆マグロ」の廃棄処分の基準を参考に、子ども4ベクレル/kg、大人8ベクレル/kg以下の食品を提供しようという生産者を紹介します。(4ベクレル/kgとはドイツ放射線防護協会が提唱している子どもの食品に対する基準) 学校をいくつかまとめたグループと自主規制をする生産者とを結びつける関係を作り、安全な学校給食を実現させます。 食品の放射能濃度が簡単に測定できる、NaIシンチレーション式検出器を学校の給食調理室に導入し、食材の簡易検査を実施させます。 この会はそういう会です。 「一肌脱ごう!」という方はご参加ください。 35名の参加で8月29日に発足集会が行われました。舘野公一さんの弾き語り「DU」(劣化ウラン弾のこと)で始まり、イラクのアメリカ軍が使用した劣化ウラン弾よる被曝でイラクの子どたちが甲状腺がんや白血病になっている映像を見ました(西村文和さん『イラク 戦場からの告発』)。 元原発労働者の方、チェルノブイリのかけはしの野呂美加さん、お米の流通の携わっている方などとの意見を交換し、参加者からも意見を出していただきました。 発足集会では代表に川根眞也さんがなりました。

内部被ばくを考える市民研究会会則

(名称)

第1条 本会の名称を内部被ばくを考える市民研究会と称します。

(所在地)

第2条 本会の事務所を、埼玉県川口市西川口3-12-10-301に置きます。

(目的)

第3条 本会の目的は以下の5点です。

(1)放射線と内部被ばくについての正しい知識を市民に広めます。核兵器も原発もない世界を目指します。

(2)子どもたちが保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学等で放射線被ばくしないように、学校給食の安全性の確保、園庭、校庭の除染、校外活動の行く先の安全性の確認などを実現させます。妊婦、乳幼児のいる家庭への安全な食材の供給体制作りを目指します。

(3)安全な食品を確保し、生産者の健康を守るために、放射能汚染地帯での生産活動の禁止と生活補償を求めます。

(4)内部被ばくの現状を知るため尿検査、土壌検査等を企画、実施し、調査研究を行います。

(5)安全な場所への移住、体内の放射性物質を排出するための保養についての情報提供を行います。

(事業)

第4条 本会は、前条の目的を達成するために、下記の事業を行います。

(1)放射線と内部被ばくについての正しい知識を市民に広めるために全国各地での講演会活動を行います。

(2)内部被ばくに関する知見を広めるために、ホームページを活用して、情報を発信します。移住、保養についての情報をホームページに掲載します。

(3)月1 回の例会を定期的に開き、内部被ばくに関する最新情報と理論を学習する機会を設けます。

(4)給食食材の安全基準、園庭や学校の除染基準、校外学習や修学旅行等の行く先の安全性の確保など、子どもを放射線被ばくから守るために、各地方自治体、教育委員会、子育て支援課、私学小中学校協会、私立幼稚園協会、私立保育園協会等と交渉します。

(5)保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学の園長先生、校長先生、学長への保護者の要望書提出行動を応援し、アドバイザーとして同席の上、助言をします。

(6)市町村や教育委員会等主催の緊急セミナー「福島原発事故に伴う放射線・放射能の健康影響を知る」等の講師を引き受けます。

(7)食品の安全のために、消費者と生産者とが連帯する関係を作り上げます。特に、妊婦、乳児、子ども、青年の食品については1 ベクレル/kg以下の自主規制を表明するすべての生産者を応援します。1 ベクレル/kg以下の商品を紹介し、学校給食への導入や妊婦、乳幼児のいる家庭への供給体制作りを目指します。

(8)東北・関東の子どもたちの保養先と受け入れ体制作りを目指します。

(会員)

第5条 本会は、日本に生活する人だけでなく、本会の目的と活動に賛同する者は会員となることができます。

(役員)

第6条 本会に、次の役員を置きます。

(1) 代表者 1 名

(2) 副代表者 1 名

(3) 会計 3 名

(4) 監事 1 名

(5) 世話人 若干名

(役員の職務)

第7条 代表者は、本会の代表者として、本会の活動全般を代表します。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時、会長の職務を遂行します。

3 会計は、本会の会計を掌握します。

4 監事は、本会の会計を監査します。

5 世話人は、世話人会に出席し、本会の企画・運営にあたります。

(役員の任期)

第8条 役員の任期は1年とするが、再任は妨げません。

第9条 本会の活動の目的の遂行のため、以下の部を置く。

(1) 総務部3 名

(2) 会計部3 名

(3) 広報部3 名

(4) 会員登録部2 名

(各部の職務)

第10条 総務部は、会に関わる庶務を遂行します。

2 会計部は、本会の会計にかかわる入出金および帳簿の管理を行います。

3 広報部は、本会の活動について情報発信を行い、ホームページの更新を行います。

4 会員登録部は、本会の会員の登録を行い、個人情報の管理およびメーリングリストの管理を行います。

(運営)

第11条 総会は年1 回11月に開催し、役員の改選、年間事業計画及び報告、会計報告、予算について審議決定します。

第12条 世話人会は月1回定期的に開催し、本会の企画・運営にあたります。世話人会にはすべての会員が参加し、意見を述べることができます。

第13条 例会を月1 回定期的に開催し、内部被ばくに関する最新情報と理論を学習します。例会には会員、非会員が参加することができます。

(会費)

第14条 会費は年2000 円とし、会計に納めます。ただし、幼児、小学生、中学生、高校生は無料とします。10 月~翌年3 月入会は同額2000 円、4~9 月入会は1000円とします。

第15条 本会の会計年度は毎年10 月1 日に始まり、翌年9 月末日までとします。

(営利活動の制限)

第16条 本会は営利目的ではないため、原則的に会の営利目的行動を禁止します。但し、会の目的に合い、代表の同意を得られた場合は行うことができます。ただし、事後に総会の承認を得なければなりません。

(変更)

第17条 この規約は、総会において、出席者の3分の2以上の承認があれば変更できます。

附則 本会則は、2011年8月29 日から適用します。

  改訂2011年10月29 日

改訂2013年11月16 日

改訂2013年11月29 日

改訂2015年11月28日