内部被ばくについて、自主的に学習し、周りの方々に広めていくための会
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 2015年3月

2015年3月

国光美佳先生講演会【限定動画配信】

【配信内容】 内部被ばくを考える市民研究会主催平成27年3月5日(木) 18時45分~21時しあわせになるミネラルレシピ 国光美佳先生講演会http://www.radiationexposuresociety.com/archives/5567 【サンプルムービー】    限定配信ページでは・・・ ★講演会当日にツイキャスで配信したものとは別にホームビデオで撮影したものです。★動画は限定公開ページ上で再生することもできますし、パソコン等ににダウンロードすることも可能です。★ファイル形式は2種類ご用意しました。インターネット環境等に合わせて選択してください。  Windows Media ビデオ 1.19GB  MP4 553MB ★講演会で配布した資料のPDFもダウンロードできます。 ご視聴いただくにあたりカンパ金500円を申し受けております。振込先は以下のとおりです。 [視聴カンパ500円振り込み先] 内部被ばくを考える市民研究会ゆうちょ銀行からの場合ゆうちょ銀行 記号 10370 番号73181351ゆうちょ銀行以外の金融機関からの場合ゆうちょ銀行 店名 〇三八 普)7318135 ※講演会開催の前後にツイキャスのご視聴のお申し込みおよび振込がすでにお済みの方は、こちらで新たにお申し込みいただく必要はありません。 視聴申込フォーム ※上記フォームからうまく申し込めない方は、必要事項3点(メールアドレス・お名前・カンパ金お振込予定日)を naibukoho@gmail.com までメールでお送りください。

保護中: 国光美佳先生講演会【パスワード制限中】

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

核燃料物質の使用の許可を得ている事業所一覧 2014年10月23日現在

核燃料物質の使用の許可を得ている事業所一覧 (原子炉等規制法施行令第41条に掲げる核燃料物質を使用する事業所を除く。) (平成26年10月23日現在) 核燃料物質の使用の許可を得ている事業所一覧 川根バージョン 20141023 No. 都道府県 事業所名称  1 北海道 国立大学法人北海道大学核燃料物質貯蔵施設 2 北海道 北海道電力株式会社 総合研究所3 北海道 北海道電力株式会社 泊発電所4 青森 青森県原子力センター 青森市駐在5 青森 青森県原子力センター 6 青森 公益財団法人環境科学技術研究所 7 青森 独立行政法人日本原子力研究開発機構  青森研究開発センター むつ事務所 大湊施設8 青森 日本原燃株式会社 環境管理センター9 青森 日本原燃株式会社 再処理事業所10 青森 日本原燃株式会社 濃縮・埋設事業所11 青森 東北電力株式会社 東通原子力発電所12 青森 公益財団法人日本分析センター むつ分析科学研究所13 岩手 花輪鉱山株式会社 14 宮城 仙台市衛生研究所 15 宮城 東北大学金属材料研究所 16 宮城 東北大学大学院工学研究科 17 宮城 東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター [...]

常磐道きょう全線開通 常磐冨岡IC付近 首相ら迎えセレモニー 福島民報 2015年3月1日 1面

常磐道きょう全線開通 常磐冨岡IC付近 首相ら迎えセレモニー 福島民報 2015年3月1日 1面  常磐自動車道は1日、最後の整備区間となった常磐冨岡(富岡町)ー浪江(浪江町)インターチェンジ(IC)間(14.3キロ)の供用が始まり、埼玉県から宮城県まで総延長300キロの全線が開通する。浜通りを縦断する高速道路の完成により、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの被災地の復興が加速されると期待される。同日午前10時から、常磐富岡IC付近で安倍晋三首相らを迎えて開通セレモニーを催す。(3面に関連記事)  常磐道は埼玉県三郷市の三郷ジャンクション(JCT)と宮城県亘理町の亘理IC間の300.4キロを結ぶ。いわきJCT(茨城県)で北関東自動車道、つくばJCT(同)で首都圏中央自動車道、三郷JCTで東京外環自動車道と接続している。  常磐、北関東、東京外環の各自動車道は東北自動車道につながっており、常磐道全線開通により5本の高速道路を結ぶネットワークが整う。東日本の物流や人的交流、広域観光が活発になると期待される。  常磐道は、東京電力福島第一原発事故に伴う除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設への搬入路になる。政府は輸送の効率化に向け、施設が整備される予定の大熊、双葉両町に新ICを一カ所ずつ設ける方向で検討している。両町はIC設置を強く要望しており、実現すれば交通の利便性が増し、将来の住民帰還に弾みがつくとみられる。  常磐道は原発事故による避難区域を通る。政府の原子力災害現地対策本部が昨年10月に実施した調査では、広野ー南相馬IC間(49.1キロ)の空間放射線量率は平均毎時0.71マイクロシーベルト/時だった。車に乗り法定時速の時速70キロで同区間を通過する際の外部被ばく線量は0.40マイクロシーベルトで、胸部エックス線を1回撮影した場合の約150分の1となる。同本部は「健康に影響のない数値」としている。  今回開通する常磐冨岡ー浪江IC間は東日本大震災前、土工工事の約7割を終え、平成24年3月までの開通を目指していた。しかし、原発事故で除染が必要となり、2年間の工事中断を余儀なくされた。今年の大型連休前に開通を予定していたが、浜通りの復興を急ぐため時期を1か月以上前倒しした。                                 <解説> 記事本文から 「広野ー南相馬IC間(49.1キロ)の空間放射線量率は平均毎時0.71マイクロシーベルト/時だった。車に乗り法定時速の時速70キロで同区間を通過する際の外部被ばく線量は0.40マイクロシーベルトで、胸部エックス線を1回撮影した場合の約150分の1となる。同本部は『健康に影響のない数値』としている。」  これが胸部エックス線ならば、さほどではないでしょう。問題は外部被ばくではない、自動車のタイヤや車体につく放射性物質、ホット・パーティクル。当然のことながら、中心部分はウラン酸化物で、セシウム134、137を含み、ストロンチウム90もプルトニウム238、239、240も含んでいます。これが常磐道を通る車に付着し、宮城県から埼玉県まで大拡散することになります。  そして、この内部被ばくの被ばく線量はミリシーベルトで測定できません。体内に入ったホット・パーティクルは死体となったときに肺を解剖しないとわからない性格のものだから。 参考:資料『肺の中の「ホット・パーティクル」を巡って エフゲニー・P・ペトリャエフ』  人体への健康影響をミリシーベルトで考えるとき、それは外部被ばくのみを考えていて、内部被ばくを一切無視した議論だと考えるべきです。 「常磐道は埼玉県三郷市の三郷ジャンクション(JCT)と宮城県亘理町の亘理IC間の300.4キロを結ぶ。いわきJCT(茨城県)で北関東自動車道、つくばJCT(同)で首都圏中央自動車道、三郷JCTで東京外環自動車道と接続している。  常磐、北関東、東京外環の各自動車道は東北自動車道につながっており、常磐道全線開通により5本の高速道路を結ぶネットワークが整う。東日本の物流や人的交流、広域観光が活発になると期待される。」  この文章に「東日本一体の肺がんや呼吸器系や皮膚疾患が急速に増えていくことが想定される。」(解説:川根眞也)と続けるべきでしょう。  ちなみに、福島民報 2015年3月1日3面の常磐自動車には、東京第一原発の位置が示されていません。原発事故がなかったかのような報道、原発事故が収束しているかのような報道姿勢に怒りを感じます。記事の訂正を求めます。        

2015.3.15「樋口健二&広瀬隆with仲間たちのトークディスカッション」

[ 2015年3月15日; 6:00 PM to 10:00 PM. ] 2015.3.15「樋口健二&広瀬隆with仲間たちのトークディスカッション」               【出演】(敬称略)樋口健二、広瀬隆と仲間たち ★仲間たち…川根眞也 ほか決定次第 随時追加していきます!☆樋口健二….歴史の闇を追い続けるフォトジャーナリスト☆広瀬隆…..作家、ジャーナリスト★川根眞也…..内部被ばくを考える市民研究会代表・理科教諭★その他 参加する人々随時追加します。 1970年代、原発がこれから売られ次々と作られようとしはじめたときに、原発作業員の被曝が発覚し裁判が起こされた。 これから原発を売りさばいていこうとする時に、被曝問題と被曝労働者の存在は邪魔。そのためいくつもの裁判が棄却され隠蔽された。 当時、田中角栄総理と原発の大企業や医者、弁護士、マスコミたちがつるんでしたことはこうした国民ひとりひとりの労働力・労働者たちの被曝を隠し、放射能影響の因果関係を認めないこと、労災認定しないこと、特に  労働者たちが被曝影響により死んでいくのまでが計算にあり死人に口無し となるのをみこして裁判を、長引かせたり棄却したりして心労を更に起こし、諦めさせていくこと。長い長い計画だったのだ。今、福島での裁判が次々棄却されていることはまさに、この1970年代から隠滅されている被曝問題と労働者の差別問題と同じなのである❗そして現代は安倍総理と、同じ原子力ムラたちが、こうした国民たちを棄てて無視し、病気が発病してもわからなくするために、放射能汚染の有害ごみを日本中で焼却させ、大気中に放射能汚染をまきちらしているのだ。労働者だけでなく、子どもたちまでも犠牲にしていっているのだ。過去からの被曝問題を知っている樋口健二と広瀬隆のふたりとチェルノブイリと福島から被曝問題に取り組んで事実を知っている人達が一緒にトークディスカッションすることで、これまで 変えられなかった歴史を私たちみんなの手で変えていこう 【詳細】日時:2015年3月15日(日)18:00開場22:00終了 場所:武蔵野スイングホール 南棟11Fレインボーサロン JR武蔵境駅北口から徒歩2分 〒180-0022 東京都武蔵野市境2丁目14番1号 TEL:0422-54-1313 FAX:0422-54-8166 出演:樋口健二&広瀬隆with仲間たち(仲間たち=川根眞也ほか決定次第随時追加していきます。)入場料:1000円 主催:ママデモwithハンナ ※随時、追加の情報を掲載していきます。 ご予約はこちらのイベントページの参加予定よりどうぞ。 お問い合わせ:こちらのサイトではcontactから、Facebookイベントページのコメントから、またはママデモFacebookページ、樋口健二Facebookページからはコメントおよびメッセージからお願いします。 ママデモFacebookページhttps://m.facebook.com/profile.php?id=1463513980538511 樋口健二Facebookページ https://m.facebook.com/profile.php?id=1416224755257006 樋口健二写真集『原発崩壊』 合同出版 2011年8月8日 地元住民の反対闘争、崩れてゆく地方の風景や暮らし、そして数々の原発事故や、数多くの被爆労働者を撮り続けてきた。原発のはじまりから福島第一原発事故まで、38年に渡り、つねに最前線で取材し、安全神話の虚構と原発事故の恐ろしい被害を暴きだしてきた報道写真集の金字塔。                   村井国雄さん(当時45歳、無職)の証言  2ミリシーベルト浴びたら歯が抜け働けなくなった樋口健二『原発崩壊』合同出版、2011年8月15日刊 2800円 pp.63 より 広瀬隆 『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』 文藝春秋 1986年6月 不屈の男ビッグ・ジョンをはじめS・マックイーン、H・フォンダら多くの俳優が癌に散った。いったい彼らに何が起こったのか? 精緻な論証と推理で解明する衝撃の事実。                   広瀬隆 『原子炉時限爆弾』 ダイヤモンド社 2010年8月27日 浜岡原発は危ない時限爆弾。東海地震は確実にくる。対策では避けられない事故。広瀬隆氏のこれだけの根拠に基づく警告!今までの警告も当たっている。我々はいかに行動できるか。静岡、浜松、名古屋、東京も被害想定区域。誰がその危険を­推し進めているのか。フクシマ原発事故の前年に地震による原発事故の恐怖を指摘した名著。                 広瀬隆・明石昇二郎 『原発の闇を暴く』 集英社新書 2011年7月15日 嘘と詭弁と癒着の歴史が「最悪の人災」を招いた!原子力マフィアの大罪を問う。  いまだ収束への見通しがたたない福島第一原発事故。根拠なき安全・安心神話を振り撒き、リスクと利権を天秤にかけて後者を選択した「原子力関係者」たちの所業が招いた「人災」は、いまも被害を拡大し、汚染を進行させ、人々の暮らしを破壊している。  原発震災の危機をかねてから予測し、警鐘を鳴らし続けてきた作家とルポライターが、事故を招いた構造とその責任の所在を、徹底的に白日の下にさらす。危機にある国民が「原発」について真摯に考えるための、必読の一冊!                           広瀬隆 『原発処分先進国ドイツの現実ー地底1000メートルの核ゴミ地獄ー』五月書房 2014年4月23日 本当にドイツは原発ゼロ政策の“夢の国”なのか?著者と山本太郎氏が地底1000メートルで見たものは、人類滅亡の未来を暗示するような、おそろしい事態だった!ドイツ原発取材旅行3000キロの記録。                   川根眞也 『ベラルーシ・プロジェクト報告』 内部被ばくを考える市民研究会  2013年7月13日改訂版  野呂美加さんと、5人の医師とともベラルーシ共和国の放射能汚染地帯ゴメリ州を訪問。甲状腺がんにかかり、全摘出した若者たちの体験を聴きとり、廃村になった村や立ち入り禁止の森の放射線量を測定。首都ミンスクやブレストで甲状腺がんの診断と治療の実際を日本の医師とともに研修を受けた報告集。甲状腺がんはベラルーシと同じように日本でも多発することをヨウ素131の土壌汚染と比較して科学的に指摘した労作。700円。 ベラルーシプロジェクト報告書ご購入について                              

3/22(日) 3月勉強会(会員限定)のお知らせ

[ 2015年3月22日; 10:00 AM to 12:00 PM. ] 3月勉強会(会員限定)のお知らせです。 日 時 3月22日(日) 10:00〜12:00場 所 市民活動サポートセンターラウンジ(JR浦和駅東口浦和パルコ9階) ※参加費は無料です。(当日入会OKです。年会費についてはこちらをご覧ください。)※例会に参加された方は資料をお持ち下さい。※ツイキャス中継はありません。    

3/14(土) 3月例会のお知らせ

[ 2015年3月14日; 12:45 AM to 9:15 PM. ] 3月例会のお知らせです。 日 時 3月14日(土) 18:30〜21:00場 所 浦和コミュニティセンター第6集会室(浦和パルコ10階)参加費 会員の方300円    一般参加の方600円    高校生以下は無料 テーマ 1.参加されたみなさんからの意見交流 ※ここの部分はツィキャスしません。      18:30~19:00     2.福島の子どもたち117名が甲状腺がん 報告:川根 眞也  19:00~19:20     3.食べ物から放射性物質を抜いたら健康になった。ウクライナ タチアナ・ アンドロシェンコ氏講演会から 報告:川根 眞也 19:20~19:40     4.国道6号線(常磐道)が3月1日全面開通。原発10km圏内の放射性 物質が宮城県仙台市から埼玉県三郷市まで大拡散。 報告:川根 眞也  19:50~20:10     5.ホット・パーティクル(放射能微粒子)の危険性 食品の放射能汚染 がこれからが本格化 報告:川根 眞也  20:10~20:30     6.内部被ばくに関する最新情報 報告:川根 眞也  20:30~20:50  ※例会の様子を 19:00pmからTwitcasting を使って生中継します。(プライバシー保護のため、18:30~19:00はツィキャスをしません。ご了承ください)内部被ばくを考える市民研究会のアカウントはこちらです。ぜひサポーター登録&通知設定をお願いします。 内部被ばくを考える市民研究会Twitterアカウント @naibuhibakushimツイキャスURL http://twitcasting.tv/naibuhibakushim ツイキャスとは?ツイキャスは、iPhone、Android、パソコンからライブ中継を見る事ができ、見るだけではなく、自分で撮影した動画を配信する事も出来ます。まだ使った事がない方は、ヘルプページをご参照ください。 http://twitcasting.tv/indexhelp.php 中継を見逃しても、保存、公開されているものは、後日見る事も出来ます。例会ライブ履歴はこちらから見る事が出来ます。http://twitcasting.tv/naibuhibakushim/show/  

チェルノブイリを生きたタチアナ母子の福島へのメッセージ  at 東京

[ 2015年3月2日; 12:00 AM to 4:30 PM. ] チェルノブイリを生きたタチアナ母子の福島へのメッセージ                                【期日】 2015年3月2日(月) 【会場】 衆議院第一議員会館 多目的ホール(東京都千代田区永田町2-2-1) →大きい地図を開く   【資料代】1000 円(定員300名) 【申し込み】こくちーず 「チェルノブイリを生きたタチアナ母子の福島へのメッセージ」東京講演会 第1部 講演会&シンポジウム 13時~16時半 タチアナ・アンドロシェンコ女史&次女サーシャ 山本太郎議員(生活の党と山本太郎となかまたち)<予定>   寺澤正彦(医学博士) 岩上安身(IWJ代表) 小若順一(子供の痛みをなくすプロジェクト代表)他 第2部 交流会 17時~19時 参加者の皆さんで交流会を行います。 ★スケジュール 12:00開場 13:00〜1部開場 タチアナさんの講演の後(通訳) パネラー(寺澤政彦医師,小若順一代表,山本太郎参議院議員)から 発言をいただき、シンポジウムに入ります。 シンポジウムの司会進行は岩上安身氏にお願いしています。 17:00~2部 交流会ー参加自由 当日参加可! ただし数に限りがあるため、 確実に席を取るには上記申し込み、こくちーず「チェルノブイリを生きたタチアナ母子の福島へのメッセージ」東京講演会でご予約ください。 【賛同団体・賛同人募集】 この講演シンポジウムを成功させるために、 賛同団体と賛同人を募っています。 ご希望の方は、お連絡ください。    連絡先:メールアドレス 0302tachianatokyo@gmail.com  FAX 042(396)5939 賛同団体 2,000円 賛同人  1,000円の賛同金をいただきます。 【主催】  東京実行委員会 (共同代表)佐倉直海、萩原春代        NPO法人 食品と暮らしの安全基金 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆講演者・パネリスト プロフィール タチアナ・アンドロシェンコ女史 (婦人団体「希望」*代表) *避難した女性が故郷の文化を残し、汚染地に住んでいる人を助ける婦人団体。 1967年1月4日生れ チェルノブイリ原発から 32 ㎞に位置するノーヴィミールで育つ 1984年~2003年:ウクライナ科学アカデミー病院・神経部門・看護師 (1986年4月26日 チェルノブイリ原発事故) 1986年8月21日  キエフにて長女カーチャ誕生 1987年8月 ラトビアに移住 1989年4月12日 ラトビアで次女サーシャ誕生 1992年4月 コヴァリン村に移住 1994年 フランス・メディカルセンター「チェルノブイリの子ども」に出向 各種組織との関係を担当し、移住地区の子どもの甲状腺ガンにもかかわった 1998年11月15日 3女オリガ誕生 2000年 キエフの大学を卒業。専攻は金融と会計監査 2003年 婦人団体「希望」を設立。会員数86人 2014年3月19日 初孫誕生(長女カーチャ) 寺澤政彦(てらさわまさひこ)医師 医学博士、てらさわ小児科(仙台)院長、宮城学院大学非常勤講師 1984年から東北大学抗酸菌病研究所(現・東北大学加齢医学研究所)で小児ガンの治療にかかわる。 1990年、小児科医院開業後は、アレルギー、シックハウス症候群の診断、治療、予防、抗生物質耐性菌の問題に積極的に取り組んでいる。 ☆甲状腺検診を山形「至誠堂総合病院中山診療所」、「てらさわ小児科」で、3ヵ月に1回実施。 また、「日本キリスト教団東北教区 放射能問題支援対策室いずみ(仙台市)」では、3人の医師で甲状腺検診を行っている。 岩上 安身(いわかみ やすみ ) ジャーナリスト、ノンフィクション作家 株式会社「IWJ(Independent Web Journal:インディペンデント・ウェブ・ジャーナル)」代表。 情報満載ライブショー モーニングバード!(テレビ朝日) – [...]

3/5(木) しあわせになるミネラルレシピ 国光美佳先生講演会

[ 2015年3月5日; 6:45 PM to 9:00 PM. ] しあわせになる ミネラルレシピ国光美佳先生講演会 日 時:2015年3月5日(木)18:45~21:00(開場18:15より)参加費:1,000円(資料費込)高校生以下無料定 員:35人場 所:浦和コミュニティーセンター第6集会室(浦和PARCO 10階)申込み:http://kokucheese.com/event/index/264618/主 催:内部被ばくを考える市民研究会 -内容- 講演会チラシ 20150305 国光美佳先生講演会(PDF) 参考リンク 『食品と暮らしの安全基金』レポート~ミネラル不足食品ばかりでは病気に罹る http://tabemono.info/report/report_11.html なんだか仕事がはかどらない…ちゃんと食事は食べているのに、食べたりないような…アレルギーはないはずなのに、よく肌が荒れるのはなんで…手足がいつも冷たくてつらい…、免疫力が下がってるような…最近、気分の浮き沈みがある… からだの不調、それってもしかしてミネラル不足?!積極的に摂りたい栄養、それはミネラルです! これらの栄養素を、毎日の食事の中で簡単に摂取することで改善した症例や、その方法などを詳しくお話しいただきます。学生、婚活中の みなさん、ご家庭の栄養学にぜひどうぞ! ツイキャス限定配信 [内容]2015年3月5日(木) 18時45分~21時[予定]しあわせになるミネラルレシピ 国光美佳先生講演会http://www.radiationexposuresociety.com/archives/5567   [視聴URL] 内部被ばくを考える市民研究会ツイキャスアカウント http://twitcasting.tv/naibuhibakushim   [パスワード(=合言葉)] 申し込された方にメールでお教えします。   [視聴申込フォーム]https://docs.google.com/forms/d/1zsdWZvNJO9wYdiXfDTUObq72qcXFItdJRS9MCBGRGBo/viewformこちらでお名前と国光先生の資料(PDF形式)を受信できるメールアドレスをご入力ください。   ※資料についてはお申し込み頂いた方には順次送らせていただきます。 [視聴カンパ500円振り込み先]内部被ばくを考える市民研究会ゆうちょ銀行からの場合ゆうちょ銀行 記号 10370 番号73181351ゆうちょ銀行以外の金融機関からの場合ゆうちょ銀行 店名 〇三八 普)7318135 ※視聴カンパにつきましては、本日以降の入金でも構いません。講演会資料をお送りする関係上、登録フォームからの入力をお願いしております。   お申し込みいただいた方には、別撮りした動画を後日また限定配信したいと思います。      

チェルノブイリ29年目の真実 放射性物質をからだから抜いたら健康に タチアナ・アンドロシェンコ氏講演会 at 福島県郡山市 3月1日

[ 2015年3月1日; 12:00 AM to 4:30 PM. ] チェルノブイリ29年目の真実 放射性物質をからだから抜いたら健康に タチアナ・アンドロシェンコ氏講演会 at  福島県・郡山市 3月1日                               〔期日〕埼玉講演会 2015年3月1日(日)13:00~16:30 〔会場〕郡山女子大学 芸術館1 階 大教室       郡山駅前 9 番線乗り場よりバス(約30 分)    郡山女子大学下車    ( 福島県郡山市開成3丁目25-2)   〔参加費〕無料 ※ 当日参加可です。 13:00 ~ 13:20 挨拶と経過報告  小若順一 13:20 ~ 14:20 「数ベクレルの食事で『痛み』が出ていた」タチアナ女史 14:20 ~ 14:30 「胃痛がなくなった」 サーシャさん(タチアナさんの次女) 14:30 ~ 14:40 休憩 14:40 ~ 15:10 佐藤栄佐久さんの質問 15:10 ~ 15:40 予定者の質問 15:40~  16:30 一般質問・懇親会 通訳:ヴァレンティーナ モロゾヴァさん               【主催】 食品と暮らしの安全基金 【共催】 内部被ばくを考える市民研究会         埼玉反原発アクション 福島と日本の未来  国民の期待につけ込んで、政府も専門家もたくさんウソをついてきました。しかし、放射能汚染は、それを踏み潰してきました。  福島の未来は、チェルノリブイリ原発事故後と同じではないにしても、ミニコピーのような部分があります。  先例に学んで的確に対策をとれば、無駄な出費や、時間の浪費をなくせますし、受けなくてすむ被害は受けなくてすみます。  私たちは、ウクライナで子どもを救うプロジェクトを実施し、誰も知らなかった数々の事実を明らかにしてきました。  放射能の被害は、ガンだけでなく、筋肉、血管、神経系にも出ますが、この被害がないことにされていたのです。  私たちのプロジェクトは、企画もできる優秀な通訳のヴァレンティーナさんを真ん中に置いて、  私とタチアナさんが異なる意見をたたかわせながら、みな様からの多額のカンパを有効に使わせていただき、成果を挙げてきました。  歩けなかった子どもが、放射能を抜いた食事と、日本の指圧とマッサージで、伝い歩きできたという「奇跡」も生みだしました。  伝い歩きできるようになった子の村の土は、セシウムが155ベクレル/kg。7割の住民が頭痛を訴えた村の土は、7ベクレル/kg。  さいたま市の与野本町小学校の土は490ベクレル/kgですから、関東から岩手県までは、食事に対策を取らないと被害が出ます。  私たちの成果を活かせば、健康被害をいち早く知って、被害を解消する手段を迷うことなくとることができます。  タチアナさんも、3人の娘たちも、健康にさまざまな問題が起きて、大変に苦労されてきました。  それが、私たちと出会ってプロジェクトを開始すると、自分と家族の健康状態が改善したので、  微量放射能の健康被害に気づき、それからは、多くの人の健康を改善させる活動を精力的にすすめ、次から次に成果を挙げています。  放射能被害から抜け出せば、多くの方が、タチアナさんのように、もっと健康で幸せな人生をおくれるようになれます。  そこで、タチアナさんの話を、とことん聞いてみる講演会と懇親会を、3カ所で行うことにしました。  マスコミや政府や学者が一度も報じなかった話を聞くことができますので、多くの方のご参加をお待ちします。                 食品と暮らしの安全基金 代表 小若順一 □タチアナ・アンドロシェンコ女史 □ 婦人団体「希望」代表 *「希望」とは、避難した女性が故郷の文化を残し、汚染地に住んでいる人を助ける婦人団体。 1967年1月4日生れ チェルノブイリ原発から 32 ㎞に位置するノーヴィミールで育つ 1984年~2003年:ウクライナ科学アカデミー病院・神経部門・看護師 (1986年4月26日 チェルノブイリ原発事故) 1986年8月21日  キエフにて長女カーチャ誕生 1987年8月 ラトビアに移住 1989年4月12日 ラトビアで次女サーシャ誕生 1992年4月 コヴァリン村に移住 1994年 フランス・メディカルセンター「チェルノブイリの子ども」に出向 各種組織との関係を担当し、移住地区の子どもの甲状腺ガンにもかかわった 1998年11月15日 3女オリガ誕生 2000年 キエフの大学を卒業。専攻は金融と会計監査 2003年 婦人団体「希望」を設立。会員数86人 2014年3月19日 初孫誕生(長女カーチャ) 写真:湿疹やサメ肌、足の痛みが治ったレリャック家が正装で出迎え(2014年3月)              

Copyright © 内部被ばくを考える市民研究会 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.